東京都立産業技術研究センター

ロボット産業活性化事業

中小企業との共同開発事例

都産技研と共同でロボットを活用したサービスを開発

都産技研では、ロボットや応用製品を創り、新しいサービスの提供を目指す中小企業と一緒に、共同研究開発に取り組んでいます。
この共同研究開発は、ロボットを活用するサービス分野に対応する開発テーマを広く募集し、
事業化の実現可能性が高い開発テーマについて、その研究開発を委託するとともに都産技研との共同研究として実施するものです。

平成29年度公募型共同研究開発事業の公募の詳細についてはこちら

採択テーマ

公募事業では、4つの支援分野(案内支援・産業支援・点検支援・介護支援)の開発を対象としています。
平成27年度の第1回募集では36テーマ中8テーマ(短期展開型2件、新市場創出型6件)を採択、平成28年度の第2回募集では51テーマ中10テーマ(短期展開型4件、新市場創出型6件)を採択しました。
また、平成28年度は、テーマ設定型として、公共施設などで案内サービスを提供するロボットの開発および実証実験場所を提供するテーマを募集し、10 テーマの申請の中から2 テーマを採択しました。

案内支援分野の開発成果

美術館来館者向け施設案内ロボットの開発

株式会社プラネックス東京都墨田区

実証実験場所:すみだ北斎美術館
共同体メンバー:有限会社ソリューションゲート

「世界中の人々に北斎の魅力を届ける」美術館案内ロボット

「すみだ北斎美術館」の常設展示室のコーナー概要や館内の鑑賞機材の利用方法の説明などを行う案内ロボットを開発します。高齢者、視覚・聴覚障害者、外国人観光客等に対応する、優しい「おもてなし」をするロボット開発を目指します。

平成28年度採択テーマ設定型

詳細を見る

テレプレゼンスロボット(分身ロボット)を
活用したバーチャル観光システムの開発

iPresence 合同会社兵庫県神戸市

日本国内の観光名所や開催されるイベントに対して興味を持つ諸外国のユーザーが、その場に居ながらも、日本の各地の観光しているような体験を提供する、分身ロボットを活用したバーチャル観光システムを開発します。

平成28年度採択短期展開型

ホテルでの自律型走行可能な案内ロボットの開発

株式会社日本ビジネスソフト長崎県佐世保市
「早くて、便利で、楽しい」おもてなしを実現する案内ロボット

九州一のテーマパークであるハウステンボスに隣接する「ホテル日航ハウステンボス」の課題である外国語対応、ハウステンボス施設の説明、食事の説明などを解決する、ホテル向け情報提供ロボットを開発します。

平成28年度採択新市場創出型

詳細を見る

共通分野の開発成果

T型ロボットベースの高機能化

システムクラフト株式会社東京都立川市

T型ロボットベースの高機能化を実施します。制御基板のマイコン指令でモーターをスムーズに駆動し、段差や斜面の登板を可能とします。

平成27年度採択短期展開型

産業支援分野の開発成果

追従運搬ロボットの牽引機能の開発

株式会社Doog茨城県つくば市

工場・倉庫における運搬作業を支援する追従運搬ロボットに対し、より大量の荷物を運搬するための、追従運搬ロボットの牽引機能ならびに走行制御ソフトを開発します。

平成28年度採択短期展開型

ロボット向け会話機能の高機能化と事業化

プロアクシアコンサルティング株式会社大阪府大阪市
「ロボットが世界中の会話をつなぐ」会話・翻訳システム

ロボット向け多言語音声認識機能を開発し、宿泊施設・駅・空港など外国人が多く往来する場所において、多言語での自由で円滑な音声処理サービスをロボットで実現します。

平成28年度採択新市場創出型

詳細を見る

介護支援分野の開発成果

失語症者向けリハビリテーションロボットの開発

株式会社レイトロン大阪府大阪市

コミュニケーションロボットChapit を基盤とし、失語症改善のためのトレーニング機能や改善度合いを判定する機能を追加し、リハビリテーションに特化したロボットを実現します。

平成28年度採択短期展開型

自動停止機能を有する電動車椅子の開発

WHILL株式会社神奈川県鶴見区

自動停止機能を強化することで安全性を向上し、介護施設、空港、テーマパーク等におけるWHILL Model A レンタルサービスの開拓を目指します。

平成27年度採択短期展開型

※敬称略

このページのトップへ