東京都立産業技術研究センター

ロボット産業活性化事業

支援拠点の紹介

ロボットの試作や性能・機能を確認する、
新たなロボット支援拠点

地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(都産技研)が開設した、「東京ロボット産業支援プラザ」は、東京・江東区のテレコムセンター内の広大なスペースに、ロボットの試作開発支援のための設備を備えた、先進のロボット支援拠点です。
ロボットの試作や安全性・信頼性評価に必要な、さまざまな実験・検証が行える多彩な設備・装置をご紹介します。

中小企業の皆さまが、既存のロボット技術や研究成果・技術シーズを活用できる環境を整え、これらを基にした新たなロボットの共同開発等の協力、さまざまな産業分野への参入を支援します。
東京ロボット産業支援プラザでは、ロボットの性能や機能を確認いただくための検証実験が行える、多彩な実験装置を備えています。
これらの装置は、都産技研と共同研究開発を行っていただく企業にご利用いただけます。

施設・設備の紹介

東京ロボット産業支援プラザの主な設備やスペース

  1. 3F
  2. 2F
  3. 1F
1共同研究開発室

ロボットの開発に取り組む中小企業に開放されるスペース(都産技研と共同研究開発を条件とします)。

2ロボットサロン

各種セミナーやロボットエンジニア・経営者・起業者等の方々のビジネス交流を図ります。

3EMC試験室(電波暗室)

ロボットからの放射ノイズが周囲の機器に電波障害を与えないこと、妨害電波でロボットが誤作動しないことを評価します。低湿度(30%RH)環境での試験が可能です。
許容重量:400kg

4擬似実証実験スペース

ロボットが活動する空間を模擬しており、ロボットの試作段階において動作の検証が可能です。

5超大型樹脂溶融AM(3Dプリンタ)

金型を必要とせず、大型のロボット部品を作製できます。
最大造形サイズ:914×610×914mm
材料樹脂:ABS・ASA

6複合環境振動試験機

温度や湿度、振動を模擬した環境下でのロボットの機能評価が可能です。
ステージサイズ:1.5m×1.5m
許容重量:250kg
振動方向:Y・Z 各軸
温度範囲:-40℃~120℃
湿度範囲:30~90%RH

7傾斜路走行試験装置

ロボット走行性能と安定性の評価が可能です。
傾斜角:最大12°まで可変
大きさ:約10m×約15m
床種類:カーペット、フローリング、セーフティウォーク、Pタイルの4種類に変更可能

8衝突安全試験機

ロボットの衝突時の耐久性や安全性の評価が可能です。

9静的安定性試験機

移動ロボットなどを傾斜させたときの、ロボットの滑り落ちや転倒現象を確認する装置です。最大45°まで傾斜させることができます。

10ベルト型走行耐久性試験機

ベルト上でロボットを走行させて、駆動部の耐久性を評価する装置です。歩行型や車輪型などさまざまな移動形態のロボットの評価が可能です。

11ドラム型走行耐久性試験機

突起が付いたローラーで車輪型ロボット等のタイヤに衝撃を与えて、駆動部の耐久性を評価する試験機です。

12荷重耐久性試験

支柱型と門型の加圧装置があり、ロボットや車いすなどに、あらゆる方向から荷重を加えることで、製品としての強度を評価します。

13衝撃耐久性試験機

ロボットの筐体や内部構造体の強度試験、車いすのバックサポートの耐衝撃性試験のほかに、ロードセル付衝撃子を用いて印加荷重の測定にも用いることが可能です。

アクセス

東京ロボット産業支援プラザまでの経路や駅からの順路

東京ロボット産業支援プラザ

〒135-0064 東京都江東区青海2-5-10
テレコムセンタービル東棟 2階

アクセス

ゆりかもめ テレコムセンター駅直結改札より徒歩約3分
りんかい線東京テレポート駅より無料循環バス乗車2分

テレコムセンター駅からの順路

  1. テレコムセンター駅改札口を出て左へ向かい、テレコムセンター2Fエントランスより入館ください。
  2. 2Fエントランスを入って左、まっすぐにのびる通路を直進いただき、つきあたりまでお進みください。
  3. 通路のつきあたりを右へお進みください。
  4. 30mほどお進みいただき左に見える受付より、お入りください。

このページのトップへ