東京都立産業技術研究センター

ロボット産業活性化事業

最新情報

案内ロボットの「ペリン」による第2回実証実験が10月3日(木)~17日(木)まで葛西臨海水族園にて実施されています!

2019年10月10日

都産技研が開発した先導型案内ロボット「Libra(リブラ)」をベースに「平成28年度公募型共同研究開発事業」にて、株式会社プラネックス(東京都墨田区)と共同開発を行ないました美術館・博物館向け自律移動型・多言語対応案内ロボット「おーい」をベースとした案内ロボット「ペリン」による第2回実証実験が10月3日(木)~17日(木)まで葛西臨海水族園にて実施されています。
ぜひ、ご来場の上、ご体感下さい。


今回の実証実験は、公募型共同研究開発事業実証検証型として、葛西臨海水族園のご協力を頂き、株式会社プラネックスを母体に新に設立された下町ロボット株式会社と共同で実施するのもです。

案内ロボット「ペリン」実験の様子 案内ロボット「ペリン」実験の様子(2)

場所

葛西臨海水族園2階フロア
(実験場所へは入園料料が必要です。)

期間

2019年10月3日(木)~17日(木) 9時30分~16時30分

内容

葛西臨海水族園の開園30周年記念イベントと連動し、案内ロボットの「ペリン」がご来園のみなさまをお迎えし、葛西臨海水族園の見どころをご案内します。また、今回は以下の期間中の月・火・木・金曜日の14時30分以降に「大洋の航海者サメ」水槽のガイドも予定しています。


※「ペリン」について
愛称「ペリン」は、その立ち姿が当園でも人気のペンギンに似ていることと、葛西臨海(かさいりんかい)から命名しています。

詳しくはこちらをご覧ください

葛西臨海水族園

一覧へ戻る

このページのトップへ