東京都立産業技術研究センター

ロボット産業活性化事業

最新情報

11月29日(水)~12月2日(土)「2017国際ロボット展」に出展します!

2017年11月10日

2017国際ロボット展

会期:11月29日(水)~12月2日(土)
会場:東京ビックサイト



都産技研では、東京ビッグサイトで11月29日(水)~12月2日(土)まで開催される世界最大規模のロボットトレードショー「2017国際ロボット展」へ出展致します。
本展示会は、2年に一度開催され、今回で第22回を迎える国内外で注目を集めるロボットの祭典です。
先般、2017年10月19日にプレス発表会が開催されました。
会場では新聞・専門誌各社などのマスコミ関係者が多数集まり、注目度の高さがうかがえました。
2017国際ロボット展では、『ロボット革命がはじまった―そして人に優しい社会へ』をテーマに、世界中から数多くのロボットが集結。前回2015年を大きく上回る「612社・団体2775小間」が参加し、過去最大規模の開催となっています。ロボットに関する要素技術、最新の介護・福祉ロボット、災害対応ロボット、生活支援ロボットなど、人々の生活により近く、人に優しいロボットたちが一堂に揃います。

出展企業の代表として都産技研も登壇し、2017国際ロボット展のみどころ紹介として、中小企業各社様と共同研究開発を進めているロボットのご紹介を行いました。
都産技研と(株)システムクラフトが共同開発し、先般、日本ロボット学会より実用化技術賞を受賞した「T型ロボットベース」を基に開発されたロボットベースSCIBOT(サイボット)。商業施設「パルコ」にて実証実験が開始された08ワークス(株)の商業施設向け案内ロボットSiriusbot(シリウスボット)を始め出展予定ロボットのご紹介を行いました。各ロボットの紹介にはご参加の皆様から大きな関心を示して頂けました。
(※都産技研プレス資料を掲載)

プレス発表終了後には、都産技研が開発を行った自律移動案内ロボット「Libra(リブラ)」の実演披露が行われました。多くの報道関係者が集まり、翻訳機能を実際に体験など盛り上がりをみせました。海外からのプレス関係者も関心を示し、詳細の機能について熱心に質問を投げかけていました。
都産技研では、「2017国際ロボット展」へ共同開発企業20社のロボットや都産技研開発のロボットなど多数展示をいたします。ご興味のある方はぜひ期間中、「東京ビッグサイト」まで足をお運びください。

「2017国際ロボット展」展示予定ロボット等一覧

一覧へ戻る

このページのトップへ