東京都立産業技術研究センター

ロボット産業活性化事業

最新情報

[ロボット産業活性化事業]平成30年度 新規事業開始のお知らせ

2019年1月24日

ロボット産業活性化事業では、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会をはじめとする、観光名所、施設、店舗や倉庫等のバックヤード、または駅やホテル、飲食店などでさまざまな作業や業務を補助するサービスロボット(ロボットシステム)の導入への取り組みを支援するため、新規事業を開始することとなりました。

詳しくは[ロボット産業活性化事業]平成30年度 新規事業開始のお知らせ をご参照ください。


公募型共同研究開発事業 実証検証型

公募型共同研究開発事業とは、都産技研が中小企業者に研究開発を委託し、その研究開発の一部を都産技研が分担して実施する共同研究開発事業です。

今回の公募では、これまでに都産技研との共同研究で開発したロボットを利用して実証検証を行い、その導入効果を明らかにすることでロボット利用の拡大を目指します。

詳しくは公募要領をご覧ください

申請書様式はこちら

別紙


サービスロボットSIer人材育成事業 企画提案募集

サービスロボットSIer人材育成事業 企画提案募集は、中小企業の保有する技術力やビジネスプランを含んだロボット(ロボットシステム)の活用方法に関する企画提案(ビジネスモデル提案)を募り、事業化の実現性の高い提案について、都産技研が企業に委託契約すると同時に共同研究を行って、サービスロボットSIerの育成を図る事業です。

これにより、ロボット(ロボットシステム)を使ったサービス/ビジネスを早期に実現すること目指しています。

詳しくは募集要領をご覧ください。

申請書様式はこちら

別紙


事前相談

いずれも応募を検討されている事業者向けに、ご検討中の内容などについて事前にご相談をいただく事前相談を実施します。

なお、事前相談の実施が申請の条件になりますので、応募を検討されている事業者は必ずお申込みください。


一覧へ戻る

このページのトップへ