東京都立産業技術研究センター

ロボット産業活性化事業

最新情報

平成30年度 東京都ロボット産業活性化事業「物流業界」「外食・食品業界」で利用するロボットシステムの開発・実証事業者の決定

2018年12月28日

地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(都産技研)は、ロボットや応用製品の創出(実用化・製品化)、および新しいサービスの提供(事業化)を目指す中小企業を支援するため、公募型共同研究開発事業を実施しています。
今回、「物流業界」または「外食・食品業界」で利用するロボットシステムの開発および実証実験場所を提供する事業者を募集し、6テーマの申請の中から2テーマを採択しました。
採択したテーマについては、都産技研が開発経費を負担するほか、都産技研と共同研究を実施し、ロボットの実用化・事業化に向けた開発を支援していきます。

詳しくは「東京都ロボット産業活性化事業 「物流業界」「外食・食品業界」で利用するロボットシステムの開発・実証事業者の決定」をご覧ください。

一覧へ戻る

このページのトップへ