東京都立産業技術研究センター

ロボット産業活性化事業

中小企業との共同開発事例

サンリツオートメイション株式会社モジュラー型オールインワン調査点検ロボットシステム

「インフラ点検の救世主」調査点検ロボットシステム

橋梁・トンネルの老朽化に端を発し、道路インフラ点検の需要は年々高まりをみせています。そういった道路インフラの保守点検を行う企業からのニーズを受け、カルバート(ヒューム管)を点検調査するロボットを、サンリツオートメイション株式会社が中心となり開発がスタート。そして今回、より実用性を重視したアプリケーション(システム構築)開発を都産技研と共同で進めることになりました。これまで、道路インフラ点検は、人が入れないような小さな管にはほとんど実施されてきませんでした。数としては圧倒的に多いこの未点検管を調査し、より安全なインフラ環境を整えていきたい。そんな強い想いから誕生したこの調査点検ロボット。道路インフラはもちろんのこと、人が入ることのできない様々な空間の点検・調査に、大きな期待を集めています。

製品の特徴

All in One型システム構造

調査・データ蓄積・レポートの作成まで、このロボットひとつで一気通貫で行うことができます。点検の精度向上はもちろんのこと、作業時間の大幅削減にも大きな効果を発揮します。

簡単遠隔操作

遠隔から誰でも簡単に操作できる操作性を実現。専門性がいらないので通常の作業員がすぐに使え導入も楽に行えます。操作技術による調査精度の差異が生じにくいので、安定的に一定水準の調査を行うことができます。

GISシステムとの連動

設備情報・地図・画像・調査記録・ロボットの位置情報を、ローカルサーバやクラウドサーバへ即座にデータを送ります。データの蓄積はもちろんのこと、自動的にレポーティング(報告書・調査書)の作成も行います。

機動力

従来の点検装置だと堆積物などがあると、それ以上先に進めませんでしたが、このロボットはレスキューロボットの技術を応用して作られたクローラー式の駆動装置のため、堆積物を乗り越え、より精度の高い点検を可能にします。

活用シーン
  • 道路インフラのカルバートの点検
    内部の壁面状況・傾斜・変形状態・堆積物の確認およびデータの記録
  • 地下空洞(特殊地下壕・亜炭鉱など)の点検・調査
    地下空間内の状態確認・空間堆積の算出・定期点検による経年劣化の確認
  • 危険な施設内の点検・調査
  • 人が入れない小さな空間の点検・調査
想定価格
未定

開発企業からのメッセージ

今回の開発に当たって気をつけたことは、より実用性をもった製品にすること。ロボット自体の性能・調査能力・データの精密さはもちろんのこと、その使い勝手の良さ・導入のしやすさにも十分配慮したロボットシステムとなっています。今まで点検調査以上に時間の掛かっていたデータ管理とレポートの作成業務。業務時間を圧迫していたこの作業を、今回のシステムを使えば調査と同時に自動で作成することができます。また、今まで作業員の技術差によって精度にばらつきがあった調査結果が、誰にでも簡単に使えるロボットによって安定的にデータを蓄積することができるようになります。そういった現場を意識したシステム構築によって、すぐ使えすぐ役に立つ製品を目指しています。都産技研様には、様々な技術支援や安全性評価テストの面でサポートしていただきました。軽量化・小型化に向けた部品選定のアドバイスや3Dプリンターの活用など、ハード部分の開発にも多くの支援をいただきました。今後は、道路インフラを中心に普及を進めていき、「人の役に立つ」「人の命を守る」ロボットを全国に広めていきたいと思います。

このページのトップへ