東京都立産業技術研究センター

ロボット産業活性化事業

中小企業との共同開発事例

株式会社Doog追従運搬ロボットの牽引機能の開発

「運搬をより便利に。」追従運搬ロボットTHOUZER(サウザー)

株式会社Doogが開発した追従運搬ロボットの「THOUZER(サウザー)」。工場・物流倉庫内でのモノの運搬を、効率良く、楽に、安全に行いたいというニーズに応えるため誕生しました。様々な企業で使用される過程で、牽引をしたい(より多く荷物を運びたい)というニーズや、導入を検討されている企業からの安全性確認の要望を受け、今回都産技研と共同で、「牽引システムの開発」と「安全面の評価検証」を研究開発することになりました。その結果、牽引によって従来の2倍の運搬量を実現し、倉庫内の通路を想定した安全性の高い走行制御(牽引時の接触・スリップ防止)を実現。また、安全評価に関しても、「振動試験」「EMC試験」「転倒試験」「動的安定性試験」「走行耐久性試験」など、あらゆる評価実験を実施し、より安心して利用できるロボットへと進化を遂げました。

製品の特徴

追従機能

レーザセンサーが追従対象を認識し、自動で追従を行います。また、反射テープを敷設することで、テープラインを検出し、自動移動を行うことも可能です。

牽引システム

牽引システムを追加導入したことで運搬量の大幅な拡大を実現。障害物回避制御・走行安定化制御を搭載することで、障害物を自動で回避する安全な牽引を行うことができるようになりました。

簡単導入

初期コスト・運用コストを低く導入することが可能。ボタンを押すだけというとても簡単な操作のみなので、教育コストもかからず簡単に使用することができます。

多様環境対応

狭い通路、凹凸路、坂道、屋外と様々な環境に対応しています。衝突回避システムによって人の往来が激しい場所でも安全に使用することができます。また、現場に応じて手動での操作も可能です。

高い安全性

広視野レーザセンサーによる衝突回避、台車牽引時の接触・スリップの制御を自動で行います。様々な評価試験を行い、高い安全性を実現しました。

活用シーン
  • 物流倉庫・工場でのピッキングや運搬作業
  • 空港などでの荷物等の運搬
  • ホテル・病院・介護施設での食事やリネン類の運搬
仕様
本体サイズ:940mm(幅)×600mm(長)
荷台サイズ:600mm(幅)×750mm(長)×300mm(高)※拡張可
想定価格
オープン価格

開発企業からのメッセージ

人手不足が嘆かれる今、工場・倉庫での人材不足は深刻化してきています。そんな現状を打開するためサウザーは誕生しました。今回の研究開発もそんな気持ちからはじまったプロジェクトです。開発を行う上で特に苦労したのは、走行制御の部分。牽引を行っても安全性が落ちないようにするにはどうすればいいか。実証実験を重ね、調整を繰り返した結果、安定した走行制御が実現しました。都産技研様には、特に安全性の分析や評価テストの面でとてもお世話になりました。これほどまでに安全性を評価できる実験施設は全国にもほとんどありません。評価テストを通じ、具体的な数字で安全性を説明できるようになり、様々な企業へ説得力をもった提案ができるようになりました。技術開発と評価の両面からロボットの安全性を高めることができたことは、事業を展開していく上で非常に重要な成果と言えます。これを機に、様々な業界へのアプローチを強め、サウザーの活用の幅をどんどん拡大していきたいと思います。

このページのトップへ