東京都立産業技術研究センター

ロボット産業活性化事業

中小企業との共同開発事例

株式会社クラフトワークス風力発電機ブレード点検ロボット

「高所作業を安全・簡単に」風力発電機ブレード点検ロボット

風力発電機のブレード塗料等を販売する豊田通商株式会社から依頼を受け、株式会社クラフトワークスと弘前大学が中心となり、都産技研と協力して、既設大型風力発電機ブレードの点検・塗装の自動化を実現するロボット開発がスタートしました。風力発電機のブレードは砂などの影響により劣化が進行します。これまでは人によるロープワーク、またはクレーン車による点検を実施してきましたが、風が強い環境ということもあり、かなり危険の伴う作業であり、点検頻度の低さが問題となっていました。代替エネルギーとして注目が集まるクリーンエネルギーの普及を推進するためにも、もっと安全かつ効率のいい点検・メンテナンス作業システムが必要不可欠。今回開発されたロボットは、そんな現状を変革し、次世代のエネルギー産業を支える存在として期待が集まっています。

製品の特徴

高い安全性

常に強い風が吹く風力発電機でも、地上からのリモートコントロールと2本のロープを駆使して、安全に使用可能。今まで人が行っていた危険な作業をロボットが代わりに実施します。

多種多様な業務に対応

動画撮影による通常の点検業務はもちろんのこと、ブレード表面を保護する塗料の塗装や、避雷針の導通チェックも同時に行うことができます。

様々な形状のブレードに対応

メーカーによって異なる様々なブレード形状に対応することが可能。また、軽量化を実現し、宅配便で全国のあらゆる場所へ配送することができます。

活用シーン
  • 風力発電機ブレードの点検・メンテナンス
  • その他、様々な高所作業への活用可能
仕様
サイズ:約1500mm×1200mm×700mm
重量:約45kg
使用電源:AC100V-15A
想定価格
未定

開発企業からのメッセージ

風力発電機のブレード点検作業は、本当に大変で危険な作業です。その作業をどうにか安全で効率的なものに変えたい。それがこの研究開発がスタートしたきっかけです。そのために実際の作業者に協力していただき、使い勝手にこだわって開発を進めていきました。開発で大変だったことは、風力発電機のブレードの形状がメーカによって異なる上、ブレードの形状に関する設計データも公開されていませんでした。そのため、実際に現地に行き、その場でトライアンドエラーを繰り返していく作業が続きました。とにかく実践を繰り返すことで、問題をクリアしていき、その中でより実用化を意識した開発ができたと思います。都産技研様には資金援助はもちろんのこと、定期的なミーティングを通して、技術面のことや開発を進めるにあたってのあらゆるサポートをしていただきました。3Dプリンターの使用や実験場所の提供もしていただき、おかげでスムーズに開発を進めることができました。これからは実用化に向けての信頼性や安全性に関する製品評価の部分で色々と相談に乗ってもらおうと思っています。私たちのロボットが、風力発電機の点検に大きく貢献し、様々な高所作業を支えていけるようにこれからも開発を進めていきたいと考えています。

このページのトップへ